2016/06/12 (日) 19:02:01

昨日と今日は、ココペリ前が長蛇の列!

東京も梅雨入りし、しばらく経ちますが、ここ数日はお天気も良く夏のような暑さになっています。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

ところで、ココペリの店先道路沿いには、昨日と今日、いつにも増しての長蛇の列!
インディアンジュエリーの人気で、ココペリもとうとう順番待ち入場制限か?!!

160612_20160612171645028.jpg

と思われるお客様も実際いらっしゃいましたが、
実は、2軒隣のライブハウス「プレイハウス」でのライブの入場待ちです。

時間待ちで当店にご来店いただいたライブ目的のお客様に伺ったところ、
町田出身のバンドで人気上昇の、Brand New Vibe が出演するとのこと。

昨日に続き連日のライブですが、今日は、キマグレンのクレイ勇輝さんが特別参加されるようです。
町田のプレイハウスといえば、かつて、LUNA SEAを輩出したライブハウスとして有名ですが、現在進行形で、多くのアーチストがプレイハウスを拠点に活動しているようです。

ここのところ人気の、ナバホジュエリー等を含め、新しい商品も続々入荷しています。
ココペリは、常時、順番待ちも一切無く入店可能ですので、梅雨時ではございますが、
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

http://www.kokopelli.jp/
Trackback(-) comment(-) ひとりごと
2015/02/04 (水) 18:19:46

三笘修の展覧会のお知らせ Osamu Mitoma

義弟、三笘修 (みとまおさむ) の展覧会のお知らせです。

最近、中国で評価され始め、今年1月にはサンフランシスコでの展覧会も行われて、少しずつですが彼の陶芸作品が国境を越えた動きへ向かっているようです。
2月には、東京と千葉で下記の展覧会がありますので、お時間がとれる方は是非足をお運びいただければ幸いです。
詳細はそれぞれのギャラリーホームページでご確認お願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京のギャラリーカイカイキキという場所で日本で活躍するギャラリーが集まり、各店がおすすめの作家を紹介するというイベントがあり、三笘修は、季の雲というお店から出品します。
一般公開日  2015年2月14日, 15日  11:00-19:00
http://gallery-eye.com/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2月 千葉のギャラリーTENというお店で大江正彦さんという画家と二人展をやります。
2015年2月1日(日)~23日(月) 12:00 ~ 17:00 
http://www.gallery-ten.com/

Trackback(-) comment(-) ひとりごと
2014/08/23 (土) 18:51:22

林 仁 ライブ

林仁氏は、高校時代の先輩で、当時からギターのうまさでは右に出る人はいないほどの実力者でした。
町田の老舗楽器店、スガナミ楽器にレンタルスタジオが先駆け的に出来たこともあって、その頃よく集まったりしていた時期もありましたが、彼がプロとして忙しくなってからは、もうそれはかなり久しく会うこともなくなってしまいました。確か、少なくとも20年くらい前のパットメセニーのコンサートで偶然出会った時以来かも。

ところが、同じように当時の仲間だった、イツオ君が2年前に開いたロックバー、「ヘヴンズドア (heaven's door)」へ時々行くようになって、当時バンドを組んだりしていた仲間などと再会する機会も増えるようになりました。それは一瞬わからないほどの変わりようだったりして。お互いにですけど(笑)。

そんな再開の中のひとりでもある林ちゃんが、昨日ワンマンライブをするイベントがヘヴンズドアであり、聴きに行ってきました。
ココペリの営業が終わってから駆け付けたため、1Stステージの途中からでしたが会場は超満員、入りきれないほど、、、
ドア越しに頭だけ出してあたふたしていると、ママが「こっちこっち」と手招きで裏口から入れてもらったのですが、林ちゃんの後ろのすぐ横、ちょっと恥ずかしすぎる場所だったけど、どうにも仕方がない状況です。

演奏曲は自身のアルバムからのオリジナル曲の他、彼が参加しているアーチストの曲なども演奏、中でもその日のために練習してきたという、ジェフベックの曲のギターテクニックは圧巻でした。歳を重ねても、あの頃のギター小僧精神は誇り高くピカピカです。それにしても現役プロは指が異常によく動きます。
楽しいひと時をありがとうございました!

寺尾 聰さんとは定期的にライブをやっているようですし、近々日本丸クルーズでの沢田知可子さんのライブにも参加するようです。
興味のある方は下記の林仁official web site 「info」ページをチェックしてみてください。

林仁official web site
林仁ブログ

Trackback(-) comment(-) ひとりごと
2013/10/27 (日) 16:18:09

現地仕入れから帰国しました

すっかり秋らしい季節になってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
立て続けに台風に見舞われ、各地で災害に合われた方々には心より深くお見舞い申し上げます。

今回の現地仕入れでは、アメリカ入国後ギャラップへ向かったとたん雪が舞うような寒さで驚きましたが、天候もほぼ快晴の中、おかげさまで充実した仕入れができました。

ホピでは、Tuhismaというアート&クラフト展がタイミングよく開催されていて見学に行ってみましたが、Hopi Veteran’s Memorial Center の会場がとても広かったせいかもしれませんが、昨年のモエンコピのレガシーインホテルで開催された時と比べてちょっとさびしい感じがしました。ただ、ポッタリーとメイデンの陶器の置物など気に入ったものと出会い購入してきました。
仕入れに行くたびに、不思議とひょんなところでばったり出会う同業者の方と、今回も会場で遭遇。なにかご縁があるような気がしてきます。

今年は同時期に、MoenkopiでTuuvi Gatheringというイベントがあったので行ってみました。お土産屋さんやフードショップがたくさん出展し、中央の広場では1日中いろいろな種類のダンスを披露し見学できるので楽しいひと時を過ごすことができます。
居留地では写真やビデオ撮影は原則禁止で、こういうイベントでのユースのダンスですら禁止が普通なのですが、たまたま進行役の人が、レインボーダンスの時に限り、写真とビデオ撮影を許可したので写真をすこし撮らせていただきました。こんなことは初めてだったので驚きと共にうれしい気持ちです。
いつどこで見ても、ダンサーたちは真剣な面持ちで、気持ちが引き締まる感じがするものです。

今回仕入れてきました商品は徐々にアップしていきたいと思います。
http://www.kokopelli.jp/


到着したアルバカーキでは、この時期バルーン大会が行われています。
空港近くのホテルからアルバカーキ市内を朝に撮影

 
moenkopiで行われたTuuvi Gatheringの中でのレインボーダンスの風景

 
Moenkopi Legacy Inn and Suitesのフロントの壁のロゴ
写真が鮮明でなくて恐縮ですが、細かな細工がホピです!


見下ろした平原には、以前バッファローたちが生活をしていました。



Trackback(-) comment(-) ひとりごと
2013/07/19 (金) 17:07:31

暑中お見舞い申し上げます。

暑中お見舞い申し上げます。

梅雨明け後から急に厳しい暑さが続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
熱中症のニュースは連日耳にしていて少しは気にかけていたのですが、先日急に、39度近い熱が出てなかなか下がらず、大変な思いをしてしまいました。
水分補給と脇の下や足の付け根を氷で冷やし続けて約1日。徐々に平熱に近づいてきて何とか復活。
思いもよらない体温上昇で驚きましたが、その日の午前中、お店が始まる前に、自宅のベランダに迷い込んだクワガタを境川沿いの雑木林まで自転車で逃がしに行って来て、汗だくになったにもかかわらず、水分も取らずにいたせいなのかなと猛反省です。これから夏本番です。皆様くれぐれもご注意なさって暑い夏をお過ごし下さい。

さて、
今週の『週刊金曜日』(7/19号)に『原子力開発とアメリカ先住民』と題して、鎌田遵さんが写真と文を載せているのに目が留まりました。ラグーナプエブロのシルバースミス、グレッグ・ルイス氏のインタビューを交え、日本と同じように、原子力産業が社会的弱者の存在がなければ成り立たない現状を紹介しています。

そういえば、かれこれ10年以上前になりますが、ホピ族のあるジュエリー作家との話の中で、日本ではどういう食事をするのか聞かれたことがあり、僕は、「魚が好きでよく食べる」と答えると、「魚は危険だ」とすぐに切り返されました。
このあたりの地域では、ウラン鉱山に絡んだ被ばくについて、想像以上にセンシティブな問題なんだなと気づかされました。
そして、彼が若い頃にロスアラモスで働いていたという話を最近聞き、アメリカ先住民と原子力はとても「密接」な関係にあるんだと再認識させられ、とても複雑な思いを感じます。

社会的弱者が犠牲にならなければ成り立たないようなシステムなのであれば、一刻も早くそのような状況から脱し、環境に負荷が少ない循環型の電力発電へ移行できないものだろうかと単純に思ってしまいます。日本の技術開発力の得意芸だと思うし、明るい未来と希望が輝き始めると思うのですが。

 




Trackback(-) comment(-) ひとりごと
インディアンジュエリーショップ  ココペリからのお知らせなど   Love & Peace