2012/10/30 (火) 16:15:07

ホピでのひと時

ホピでのひと時

今回のホピでは、地域の家族会的なお誕生日会に、たまたまひょんなことから参加させていただきました。
9月と10月のお誕生日会で、数人がお誕生日の主人公でしたが、その中には、92歳のお誕生日を迎える、トーマスバニヤッカ夫人もいらっしゃいました。くりっとしたつぶらな瞳のかわいらしい表情で迎えていただき心温かくなる思いでした。

パーティーでは、タコスなどのテクスメクスやシチューなどのトラディショナルホピ料理など豊富でおいしいお料理をいただきました。
その中で、グリルしたチリは一番シンプルな料理でしたが、激辛ながら癖になる味でした。そのチリは、サントドミンゴプエブロで栽培されたものとのこと、その土地で採れるチリは格別に辛いと評判らしいです。

最後は、60cm四方以上もありそうな大きなケーキにキャンドルをいっぱい灯して、ハッピーバースデイの大合唱。
ニューメキシコ州に住んでいるご家族が今日のために特別注文してサンタフェから買ってきたケーキとのこと。すべてオーガニックな食材を使用したケーキは、ちょっと甘すぎる「アメリカン」ではなく、僕たちが食べなれているような甘さ控えめでとても美味しく大満足でした。

ホピの人たちは、折に触れて、家族や隣人などと食事をする機会を作って集まるらしいです。みんな笑顔いっぱいで、自然体。なんかうらやましい気がしました。

Trackback(-) comment(-) ひとりごと
2012/10/07 (日) 14:36:37

The 12th Annual Tuhisma Hopi Arts & Crafts Market

昨日は、灼熱のフェニックスから、冬の間ホピのカチナ達が住んでいるといわれる山、サンフランシスコピークの麓のフラッグスタッフで1泊しました。3時間のドライブで一気に晩秋ともいえるほどの肌寒さに、フェニックスのあの暑さが嘘のようです。

本日は、朝のきりっと澄んだ空気の中、フラッグスタッフを出発し、今回の目的の一つでもあった、ホピランド、The Moenkopi Legacy Inn で開催される、
The 12th Annual Tuhisma Hopi Arts & Crafts Market を一度見たくてやってきました。

ジュエリー、バスケット、陶器、絵画など、ホピのアーチストたちが出展していました。
野外では、バッファローダンスが行われており、子供たちのグループと、青年たちのグループが、十数分のインターバルを置きながら何度も交代で踊っていました。

バッファローダンスは、何年か前、第3メサのHotevillaで見たことがありますが、何度見てもいいものです。
ダンスの内容や意味など詳しいことは分かりませんが、ずーっと見ていたい思いです。今回は最後まで見ることが出来て、時計に目をやると時刻は午後6時。
少し肌寒い心豊かな夕暮れです。今日はバッファローにでもなった夢でも見られるかな。



本日マーケットで購入した中の一つ、Donald Lomawunu Sockyma作のコーンボーイダンサーです。素朴な作りですが魅かれるものがあります。
コーンボーイは、夏のダンスシーズンに訪れ、「豊かな収穫をもたらすもの」であると考えられているようです。

P.S
15%割引セール実施中です。この機会に是非ご利用ください。
http://www.kokopelli.jp/

Trackback(-) comment(-) ひとりごと
インディアンジュエリーショップ  ココペリからのお知らせなど   Love & Peace